MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU

NEWS

HOME > ニュース > 【ホームゲームレポートVol.30】4月20日(土)川崎ブレイブサンダース戦

【ホームゲームレポートVol.30】4月20日(土)川崎ブレイブサンダース戦

メイン

2019年4月20日(土) シーホース三河 VS 川崎ブレイブサンダース
17:05~
@スカイホール豊田

シーホース三河 VS 川崎ブレイブサンダース
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シーホース三河 16 16 12 22 66
川崎ブレイブサンダース 29 15 21 18 83

2018-19レギュラーシーズンのラストゲームは、「森永製菓株式会社Presents シーホース三河ホームゲーム」のテーマ「BURN THE BLUE ENERGY ~共に頂点へ~」。
昨日に引き続き、試合前にはスプリングスポーツフェスティバルが行なわれ、ラグビー元日本代表/ワールドカップアンバサダーの伊藤剛臣さん、男子バレー/ジェイテクトSTINGSの郡浩也さん、女子バスケ/トヨタ紡織 サンシャインラビッツの野町紗希子さん、フリーアナウンサーの田中大貴さんがトークショーに登場。デモンストレーションでは野町さんが3Pシュートを見事に決めると、郡さんがジャンプ力を生かしたダンクシュートを披露して会場を驚かせた。
また、隣の豊田スタジアムで試合を行なう名古屋グランパスとのコラボ企画、名古屋グランパス×シーホース三河応援企画「GO! GRAMPUS GO!SEAHORSES」を実施。両チームのサポーター、ブースターが互いの試合を“はしご観戦”し、愛知県一丸で大事な一戦を共に戦った。
今季最多となる4602人の観客がアリーナを青く染め上げ、熱いブルーエナジーで最高の舞台を作り上げたが、1Qに川崎にハイテンポに得点を決められて主導権を奪われると、そのまま流れを取り戻せず2連敗でレギュラーシーズンを終えた。

1Q 三河16–29川崎

まさかの29失点も、金丸、岡田が追撃

スターティング5は、#5バッツ、#11熊谷、#14金丸、#30岡田、#32桜木。
#3ミークスの欠場の影響もあり、ペイント内の得点で4-12、リバウンドでも6-8とインサイドでの主導権を川崎に奪われるが、#30岡田、#14金丸の連続得点で渡り合う。残り4分から川崎#33長谷川に連続で3Pシュートを決められるなど、得点力を爆発させた川崎に68.8%と高確率にシュートを沈められ、13点と大きなビハインドを背負う。

2Q 三河32–44川崎 (三河16–15川崎)

桜木のポストプレーで一桁差に迫るが、点差を縮められない

スタートは、#0サザランド、#5バッツ、#11熊谷、#30岡田、#32桜木。
両チームともにハードなディフェンスを徹底し、約3分間得点が止まる重い入りとなる。#5バッツがインサイドでの主導権を取り戻し、オフェンスリバウンドから得点を重ねるが、川崎#7篠山に3連続でスコアされ、開始5分20-37と大きく水をあけられる。
交代直後に#24加藤がミドルジャンパーを沈めてエナジーを与えると、#11熊谷がタフな体勢からミドルシュートを沈め、#32桜木がインサイドアタックから6得点を積み上げて、残り1分半に30-39と一桁差に追い上げる。しかし川崎の勢いも止まらず、#22ファジーカス、#3林の得点で再び点差が開くが、#14金丸がブザービーターで追撃し、12点差で後半に突入した。

3Q 三河44–65川崎 (三河12–21川崎)

オフェンスが停滞し、21点差で最終Qへ

スタートは、#5バッツ、#11熊谷、#14金丸、#30岡田、#32桜木。
反撃に出たい三河だったが、川崎#22ファジーカスにファストブレイクを決められて後手に回ってしまう。#30岡田が3Pシュートをねじ込むが、#22ファジーカスに連続得点を浴びて波に乗ることができない。#32桜木がポストアップで打開を図るも、川崎#21マクリンにファストブレイクを連発されるなど4連続で得点を奪われる。#0サザランド、#8村上、#30岡田が果敢にリングアタックし、リバウンドを#5バッツ、#32桜木がねじ込んで食らいつくも、残り2分に#31エドワーズにダンクを叩き込まれて22点と大差をつけられる。

4Q 三河66–83川崎 (三河22–18川崎)

4602人の青援を背に最後まであきらめず戦うも、悔しい2連敗

スタートは、#5バッツ、#8村上、#9森川、#11熊谷、#32桜木。
#32桜木がアタックからワンハンドダンクを叩き込むと、#11熊谷がリバウンドからワンマン速攻を繰り出して意地を見せる。#30岡田が3Pシュートを沈めると、アグレッシブなドライブでインサイドをこじ開け計9得点をマーク。しかし川崎も最後まで攻め手を緩めず、三河66–83川崎で大敗した。CS進出に向けて厳しい2連敗となったが、最後まであきらめず長いシーズンを戦い抜いた選手に拍手が送られた。

試合後コメント

RELATED

関連ニュース