MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
HOME > ユース > ユース
アスリートから、その先へ
アスリートから、その先へ

シーホース三河U15/U18では、6年間一貫指導のプロセスを通して人間力とバスケットボールの向上に努め、将来のシーホース三河トップチームで軸となり、活躍できるプロ選手の輩出を目指します。活動の中で培った、向上心・敬意・闘志を、バスケット界や社会に向けて還元できる人材育成にも力を入れています。

シーホース三河U15/U18としてのゴールや価値をプロ選手だけに限定せず、プロ選手になっても、引退した後も、選手以外の道を選んだとしても、それぞれが歩んだその先で活躍・貢献し、地元の誇りとなる人材を育成します。

育成モデル

育成モデル

常に選手が中心となり、そのまわりを包み込むようにスタッフ陣の配置や、選手がバスケットに打ち込める練習環境の提供、バスケット面の向上、人間性、社会性を養う育成プログラムの実施をしていきます。プレーヤー・センタードの考えのもと、「Personal Value」、「Player Value」、「Social Value」の3つの価値を身に着け、社会に認められる人材の育成を目指します。

コーチ

Bリーグで選手経験のあるプロコーチが、スキル、状況判断、戦術指導を行います。その年代に適したアプローチを行い、長期的かつ段階的な育成を実施。選手の自発性を大事にし、選手自身の「考える力」を軸にコーチングを行います。

トレーニング

トップチームスタッフによる統括・指導のもと、ユース専任のアスレティックトレーナーが練習に常駐します。日々のトレーニングや身体ケアなどユース世代で重要な身体作りを計画的に実施し、フィジカル面での強化を重視した育成アプローチも充実させています。

トップチームトレーナーによるフィジカル指導

専任トレーナーがケガから復帰までのリハビリをサポート

年代や課題に応じたフィジカル強化トレーニング

測定機器を導入し個々のトレーニング課題を明確化

シーホース三河ユースの強み
ユースだからできること

Bリーグのトップチームで活躍する選手、スタッフから直接アドバイスを受ける機会を提供し、育成世代からより刺激的な環境でバスケットボール技能の向上に努めます。また、講習会や読書・自主学習の時間を設け勉学の大切さを伝えることにも力を入れていきます。そして、選手主体のフィードバックや個人面談を通して、考える力や選手の自発性を養っていきます。

トップチームスタッフによるコーチング

トップチーム選手によるスキル指導

保護者向け栄養講習会など生活面からもフォロー

練習前の読書・自主学習時間

選手主体の取り組みによる「自発性」の啓発

個人の課題に合わせたメニューを作成

カテゴリ別チーム紹介

シーホース三河 U15

中学1~3年生対象。

シーホース三河 U18

高校1~3年生対象。※2021年4月始動。

申し込み方法

在籍・卒団選手の声

在籍選手

#14 竹本義希さん (中学3年)

「夢はNBA!ポジションコンバートに挑戦中!」

将来の夢は日本代表選手になりNBAでプレーすることです。プロのコーチから指導を受けることで、自分の目標に近づくことができると思い、シーホース三河U15入団を決めました。プロへの道のりは長く険しくまだ道半ばですが、現役のプロ選手と練習する機会もあり、成長を感じています。2020年度は更に成長して、活躍できる選手になりたいです。

卒団選手

#34 浦奏太さん (高校1年)
(2019年度U15キャプテン・美濃加茂高校へ進学)

「191cmのアウトサイドプレーヤーへ!」

シーホース三河U15では、「身長が高いからこそ外でプレー」と教えてもらい、アウトサイドでの1on1スキルを身に着けることができました。バスケットに集中できる環境を求めていたので、プロ選手を経験したコーチやトップチームのトレーナーからの指導があり、トレーニング道具なども充実した環境で過ごせて良かったです。勝敗にこだわりすぎず、「自分がどうしたら成長するか」を考えて取り組むことが大切だと思います。