MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ホームゲームレポートVol.25】3月27日(水)横浜ビー・コルセアーズ戦

【ホームゲームレポートVol.25】3月27日(水)横浜ビー・コルセアーズ戦

メイン

2019年3月27日(水) シーホース三河 VS 横浜ビー・コルセアーズ
19:05~
@ウィングアリーナ刈谷

シーホース三河 VS 横浜ビー・コルセアーズ
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シーホース三河 27 30 24 19 100
横浜ビー・コルセアーズ 15 28 32 9 84

3月13日、27日、4月3日と3夜連続で行なわれる「春のシーホース祭り」の第2夜は、ASLEEP Presentsシーホース三河ホームゲーム vs横浜ビー・コルセアーズ戦。
「Hello,new life」をテーマに開催した今節は、ゲストに3シーズン連続となる「吉田山田」が登場!試合前のスペシャルライブでは、今節のテーマにぴったりな『桜咲け』など素敵な歌声で会場を酔わせた。またバスケットボール部だった山田さんが今回も始球式に挑戦。3度目の正直で見事にリングに沈めて、2924人の観客を沸かせた。
試合は、岡田の21得点を筆頭に、ミークス、金丸、松井、狩俣、バッツが二桁得点を上げ、今季3度目の二桁得点で完勝。連敗を4で止め、勝率を5割に戻した。

1Q 三河27–15 横浜

金丸 3本の3Pシュートを含む二桁得点

スターティング5は、#3ミークス、#5バッツ、#11 熊谷、#14金丸、#30岡田。
#11熊谷、#5バッツ、#14金丸の得点で先行するが、横浜も#1川村が決め返し、序盤は一進一退の展開が続く。
#30岡田がファストブレイクで、#14金丸が3Pシュートで波に乗ると、インサイドで主導権を握った#3ミークスのポストアップ、#5バッツのリバウンドで突き放し、#14金丸がこのQ 3本目となる3Pシュートを沈めて、12点差で1Qを終えた。

2Q 三河57–43 横浜 (三河30–28 横浜)

狩俣、松井 シュート確率100%で二桁得点。3Pシュートの応酬

スタートは、#3ミークス、#5バッツ、#11 熊谷、#14金丸、#24加藤。
開始2分に#32桜木が8試合ぶりにコートに立つと、ファーストプレーでリバウンドを決めて、チームに勢いをもたらす。
横浜は#5湊谷の3Pシュートなど6本の3Pシュートで応戦するが、#4狩俣が3本、#16松井が2本の3Pシュートを含む二桁得点を挙げて奮闘。終了間際の#4狩俣の3Pシュートで30-28とこのQも勝ち越し、打ち合いを制した。

3Q 三河81–75 横浜 (三河24–32 横浜)

岡田が華麗なステップで19得点の大爆発

スタートは、#3ミークス、#5バッツ、#11 熊谷、#14金丸、#30岡田。
攻守にギアを上げた横浜に#7橋本、#25竹田の得点で選考されるも、#30岡田が華麗なステップからのレイアップ、#14金丸がフローターで応戦。その後も#30岡田は果敢なドライブで再三インサイドを破り、この10分で19得点を荒稼ぎ。
それでも横浜は#7橋本、#6中村の3Pシュートや#33スティーブンソン、#34コストナーの得点で粘って4点差まで迫られるが、終了間際に#4狩俣のドライブを#3ミークスがティップインしての流れを引き戻し、最終Qを迎えた。

4Q 三河100–84 横浜 (三河19–9 横浜)

6選手が二桁得点。今季3度目の100点ゲームで完勝

スタートは、#3ミークス、#4狩俣、#16松井、#24加藤、#32桜木。
#32桜木がショットクロックギリギリで技ありのフックシュートを決めてチームを勢いづけると、#16松井のゴール下の合わせ、#3ミークスのターンアラウンドシュートをアシストして再びリードを二桁に乗せる。
守っては#4狩俣、#24加藤がディフェンスでハッスル。ターンオーバーやタフショットを誘発して横浜の反撃を9点に抑え込む。さらに残り4分#24加藤のスティールから#32桜木がバスケットカウント、1分半には#5バッツがファストブレイクを決めて、堅守から得点につなげると、最後は#24加藤が100点目となるシュートを沈めて試合を締めくくった。

試合後コメント

次節はいよいよ「春のシーホース祭り」最終節!春の大抽選会を始め盛りだくさんのイベントでお待ちしています!ぜひご来場ください!

次節も絶対に負けられない同地区対決。横浜ビー・コルセアーズとの最終戦は4月3日(水)!

RELATED

関連ニュース