MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ホームゲームレポートVol.21】2月11日(月・祝)秋田ノーザンハピネッツ戦

【ホームゲームレポートVol.21】2月11日(月・祝)秋田ノーザンハピネッツ戦

メイン

2019年2月11日(月・祝) シーホース三河 VS 秋田ノーザンハピネッツ
16:05~
@ウィングアリーナ刈谷

シーホース三河 VS 秋田ノーザンハピネッツ
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シーホース三河 18 27 28 22 95
秋田ノーザンハピネッツ 14 33 25 22 94

バレンタイン直前の今節のテーマは「シーホースのバレンタイン祭」。金丸が初の栄冠に輝いた昨日の『モテ男NO.1決定戦』に続き、この日はバレンタイン恒例二大企画のひとつ『逆チョコ大作戦』を実施。各選手がお気に入りのチョコを直接手渡しでプレゼントし、抽選で選ばれたファン・ブースターを喜ばせた。 また今節からは、カーシートメーカー・BRIDE社製のシーホース三河オリジナルシート「スポーツシート」が登場。限定24席の心地よい座り心地のシートで、観客はゆったり快適に観戦を楽しんだ。
試合は立ち上がりからエナジー全開の激闘となったが、フル出場の金丸が3Pシュート6本、フリースロー15本を含むBリーグシーズンハイの41得点をマーク。ベテラン・桜木が20得点9リバウンドと好守に牽引、キャプテン・狩俣が15得点10アシストのダブルダブルで要所を締めると、最後はホームの大青援で秋田にプレッシャーをかけて1点を守り切り、ホーム2連勝でアウェーの借りを返した。

1Q 三河18–14 秋田

昨日以上の激しいディフェンスゲーム

スターティング5は、#3ミークス、#5バッツ、#12西川、#14金丸、#46生原。
両チームともに昨日以上にハードなディフェンスでぶつかり合い、残り2分半まで5-2とロースコアな立ち上がりとなる。
#32桜木がコートに入ると攻撃が活性化。巧みなターンでマークをかわしてリングに流し込んで膠着状態を打ち破ると、#11熊谷、#30岡田もアグレッシブに攻めて得点。#14金丸もフリースロー、3Pシュートの連続得点で突き放す。
秋田は#13成田の3Pシュートや#21長谷川らのドライブで反撃するが、#30岡田のアタックのリバウンドを#3ミークスが押し込んで、18-14で1Qを終えた。

2Q 三河45–47 秋田 (三河27–33 秋田)

桜木 12得点で牽引も、秋田にリードを奪われる

スタートは、#3ミークス、#4狩俣、#14金丸、#30 岡田、#32桜木。
開始2分に秋田#24保岡の3Pシュートで逆転されるが、#4狩俣のリングアタックですぐに取り返し、その後は激しい打ち合いとなる。#32桜木がファストブレイク、#30岡田とのゴール下の合わせなどで12得点、#14金丸が10得点を量産するも、秋田#40キーナンに16得点を奪われ、残り30秒に#8下山の3Pシュートで逆転を許し、前半を折り返した。

3Q 三河73–72 秋田 (三河28–25 秋田)

金丸 18得点の大爆発で逆転

スタートは、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。
秋田にインサイドを支配されて、#40キーナン、#43コールビーの得点で先行される展開が続く。#14金丸の連続3Pシュート、#4狩俣の3Pシュート、#14金丸のバスケットカウント、さらに#3ミークスも3Pシュートと連続3点プレーで食らいつくが、その度に決め返されて秋田の背中を捉えることができない。
一時は7点のビハインドを背負うが、#46生原、#14金丸が果敢にリングにアタックしてボーナススローで繋ぐ。残り40秒、#14金丸が1on1からファウルを受けながらフローターをねじ込み、フリースローも確実に決めて、73-72と逆転した。

4Q 三河95–94 秋田 (三河22–22 秋田)

金丸 Bリーグシーズンハイの41得点。狩俣 ダブルダブル。秋田に2連勝で雪辱!

スタートは、#4狩俣、#5バッツ、#14金丸、#32桜木、#46生原。
残り3分半、秋田#34小野寺の連続で85-85の同点に追いつかれる。悪い流れを切りたい三河はタイムアウトを取るが、#34小野寺、#8下山に連続3Pシュートを浴びて6点のビハインドを背負う。
それでもアリーナのエナジーに後押しされ、#4狩俣、#14金丸がアグレッシブにアタックしてボーナススローで加点。#5バッツのバスケットカウントで3点差に迫ると、残り16秒、「パスが来たらシュートを狙う気持ちをずっと持っていた」という#4狩俣の3Pシュートが美しい放物線を描いてリングを射抜き、94-94の同点に追いつく。 「ディフェンス、ディフェンス」の地鳴りのような大青援を受けて、粘り強いディフェンスで秋田のターンオーバーを誘うと、そこからファストブレイクを繰り出して#4狩俣がファウルを受ける。緊張感ある場面でのフリースローを#4狩俣がきっちりと決めて、95-94と勝ち越し、この1点を守り抜いて試合終了。2309人の観客は総立ちとなり、勝利の喜びを分かち合った。

試合後コメント

次節は、3/2(土)3(日)横浜ビー・コルセアーズ戦。「愛知学院大学 Presentsシーホース三河ホームゲーム Supported by 東海ウォーカー」チケットは好評発売中!!

水曜日開催ナイトゲームは「水曜シーホース」ぜひご来場ください!

※4/3(水)横浜戦の一般チケット発売は2/25(月)予定です。

RELATED

関連ニュース