MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ホームゲームレポートVol.14】12月23日(日)新潟アルビレックスBB戦

【ホームゲームレポートVol.14】12月23日(日)新潟アルビレックスBB戦

メイン

2018年12月23日(日) シーホース三河 VS 新潟アルビレックスBB
14:05~
@ウィングアリーナ刈谷

シーホース三河 VS 新潟アルビレックスBB
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シーホース三河 21 12 25 28 86
新潟アルビレックスBB 23 15 21 14 73

11/7のアウェー戦、昨日のGame1と2連敗中の新潟アルビレックスBBに対し、絶対に負けられない三河はタイトなディフェンスからエース・金丸が得点を量産して逆転勝利。
「理想的な勝ち方(鈴木HC)」で2018年ホーム最終戦を締めくくった。
「シーホースくんのブルークリスマス」と題して行なわれた今節は、楽しいイベント・プレゼントが満載。
1階ロビー特設ブースには、「シーホース三河芸術王決定戦」を開催。各選手が「動物園」をテーマに作った個性的な粘土細工がずらりと並び、普段は見られない芸術センスにファン・ブースターは大喜び。
また愛知県の大村秀章知事が応援に駆けつけ、恒例の餅まき・菓子まき大会や始球式にも参加し会場を沸かせた。
試合後には、小学生以下限定の「シーホースサンタお菓子渡し会」や「クリスマス選手サイン会」も行なわれ、一日中笑顔あふれるブルークリスマスとなった。

1Q 三河21–23 新潟

幸先の良い立ち上がりも、逆転され2点のビハインド

スターティング5は、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。
#14金丸、#3ミークス、#32桜木と流れるようなパス回しから先制点を挙げると、#14金丸が3Pシュート、フリースローと連続得点、#32桜木のバスケットカウントで9-3とリードを奪う。
守ってはインサイドの守りを徹底し、#3ミークスが#3柏木のドライブをブロックするなど最初の4分半を5点に抑える。しかし終盤、新潟#7五十嵐に3Pシュートを3本沈められ、三河21–23 新潟で1Qを終える。

2Q 三河33–38 新潟 (三河12–15 新潟)

守備を徹底した我慢のバスケットで食らいつく

スタートは、#3ミークス、#14金丸、#24加藤、#32桜木、#46生原。
お互いにディフェンスを徹底し、ロースコアな展開となる。新潟#34ハミルトンにミドルシュート決められれば、すぐに#3ミークスが決め返し、新潟#18森井にドライブでこじ開けられると、#24加藤が3Pシュートで同点に追いつく。新潟に先行されながらも、三河がワンポゼッション差で追いかける展開が続く。しかし終了間際、新潟#7五十嵐に3Pシュートを沈められ、5点のビハインドで前半を終えた。

3Q 三河58–59 新潟 (三河25–21 新潟)

エース・金丸 連日の大爆発。17得点で1点差に迫る

スタートは、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。
開始2分、#14金丸の3Pシュートで40-40の同点に追いつくと、以降は#14金丸が決めれば、その度に新潟#54ガードナーに決め返され、両軍のエースが点を取り合うシーソーゲームが続く。見応えのある攻防に、ほぼ満席となったウィングアリーナ刈谷は1ゴールごとに”青援“が大きくなっていく。
同4分、攻め気を貫く#14金丸がファウルを受けながら3Pシュートを決める4点プレーをもぎ取ると、その後も新潟#3柏木の厳しいマークを受けながらも次々とシュートを沈めて計17得点をマーク。
新潟も#34ハミルトンのアタック、#7五十嵐の3Pシュートで反撃し、1点のビハインドで最後の10分を迎えた。

4Q 三河86–73 新潟 (三河28–14 新潟)

熊谷 ホームデビュー。金丸 34得点、ミークス 21リバウンドで勝利に導く

スタートは、#3ミークス、#12西川、#14金丸、#32桜木、#46生原。
新潟#54ガードナー、#7五十嵐の得点で4点を追う展開の中、#4狩俣、#46生原の2ガードにしてディデンスの強度を高め、約4分半新潟のオフェンスを沈黙させる。 ディフェンスから流れを呼び込むと、#3ミークスがオフェンスリバウンドで奮闘して#4狩俣の3Pシュートを演出。自らもバスケットカウントで加点して逆転に成功する。 好調・金丸の勢いも止まらず、この10分でさらに12得点を量産。残り3分には、ターンオーバーから新潟に走られるも、これを奪い返してこの日5本目となる3Pシュートにつなげ勝利を大きくたぐり寄せる。このビッグプレーに、クールなエースも思わず右手を突き上げた。
残り2分、#46生原の得点で11点のリードを築くと、特別指定選手の#30岡田、20日に加入したばかりの#11熊谷が登場。若きPGのデビューは、逆転勝利とともに、満員の観客への大きなクリスマスプレゼントとなった。

試合後コメント

試合後イベント

シーホース三河芸術王決定戦

選手が作品をつくる様子はブースタークラブ会員限定動画でご覧いただけます。(ダイヤモンド・プラチナ・ゴールド会員)

次節ホームゲームは2019年1/4(金)5(土)今シーズン初対戦のレバンガ北海道と@ウィングアリーナ刈谷にて対戦です。
シーホース三河2019年の初ホームゲーム、イベント盛りだくさんでお待ちしております。ぜひご家族そろってウィングアリーナ刈谷にお越しください。

次回、新潟アルビレックスBBとの対戦は、2019年1/16(水)@ウィングアリーナ刈谷にて対戦です。あの大青援を再びウィングアリーナ刈谷に!

1/16(水)新潟アルビレックスBBとの対戦は、新年初水曜日開催ホームゲーム「水曜シーホース」ぜひご来場ください!

RELATED

関連ニュース