MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【天皇杯ゲームレポート】12/1(土)-2(日) 2次ラウンド

【天皇杯ゲームレポート】12/1(土)-2(日) 2次ラウンド

メイン

第94回天皇杯・第85回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会の2次ラウンド愛知大会が12月1日、2日ウィングアリーナ刈谷で開催され、ファイナルラウンドへの進出が決定!

2018年12月1日(土)
リンタツ VS シーホース三河
17:00~
@ウィングアリーナ刈谷

リンタツ VS シーホース三河
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
リンタツ 16 14 15 27 72
シーホース三河 23 23 20 21 87

1日目は、1次ラウンドを勝ち上がった愛知県代表のリンタツと対戦した。
スターティング5は、#12西川、#14金丸、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。
#32桜木のゴール下、#33ジェレットのリバウンドで先行するも、リンタツの連続3Pシュート、ドライブで逆転を許してしまう。すると三河はそこから攻撃のギアを一気に上げる。
#12西川のカットイン、#32桜木の積極的なリングアタックから連続得点でリードを奪い返すと、ファストブレイクから#33ジェレットがダンク。残り1分からは#14金丸、#4狩俣が3Pシュートを沈めて、16-23で好スタートを切る。

リンタツは3Pシュートで反撃するも、#0サザランドが連続3Pシュートを決め返し、リードを二桁に広げる。
#33ジェレットが高さを生かしたゴール下、#24加藤と#0サザランドの3Pシュートと中外バランス良く得点。タイムシェアをしながら、終始試合の主導権を握る。

後半も三河のペースは変わらず。#12西川のパスを受けた#14金丸の3Pシュートを決めて波に乗り、この10分で二桁得点を挙げる。
ゴール下の制空権を握った三河は、#32桜木にディフェンスが寄ったところでフリーの#33ジェレット#12西川がダンクを叩き込むと、守備でもブロックショットでリンタツのアタックを防ぎ、リードを20点に広げて試合の趨勢を決めてしまう。

最終Qは、キャプテン#4狩俣が巧みにゲームをコントロール。ドライブからキックアウトして#24加藤の3Pシュートを演出すると、自らもドライブからフローターを沈める。
#9森川のドライブ、#30岡田のミドルシュート、#0サザランドのターンアラウンドシュートとそれぞれの選手が持ち味を発揮。最終スコア、リンタツ 72–87 三河で勝利した。

2018年12月2日(日)
秋田ノーザンハピネッツ VS シーホース三河
15:00~
@ウィングアリーナ刈谷

秋田ノーザンハピネッツ VS シーホース三河
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
秋田ノーザンハピネッツ 10 13 19 14 56
シーホース三河 25 14 29 11 79

2日はファイナルラウンド進出をかけ、秋田ノーザンハピネッツと対戦した。
スターティング5は、昨日と同じ、#12西川、#14金丸、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。
先週のリーグ戦で2連敗を喫した相手ということもあり、立ち上がりからエナジー全開。
フリースローで先行されるも、チームで連動してスペースを作りながら#12西川の3Pシュートを沈めて逆転すると、リーグ戦で無得点に抑えられた鬱憤を晴らすかのように、ここから金丸劇場が開幕。#14金丸1on1からのレイアップ、フリースロー、3Pシュートと気持ちよく沈めていく。パスカットから自らドリブルで運んでファウルを誘いフリースローを獲得するなど大暴れする。

1Qの開始5分に#32桜木がファウル3つでベンチに退くアクシデントも、新加入の#3ミークスが“バスケットIQ”の高さを披露。
#3ミークスからのパスを、逆サイドのコーナーで待つ#12西川が受けて3Pシュートを射抜くと、ディフェンスリバウンドを奪った#3ミークスがダイレクトでゴール下へ走り込んだ#33ジェレットヘパス。これをダンクで叩き込んで、二桁リードを奪う。

中盤以降もゾーンに入った#14金丸は止まらない。
再びミドルシュートを決めると、1on1でディフェンス4人を引きつけると、シュートを打つと見せかけてゴール下の#3ミークスに絶妙パスしてフリースローを演出。#14金丸は最初の10分だけで14得点を積み上げ、リードを15点に広げる。

2Qも#14金丸タイムは続く。開始早々ジャンプシュートを決めると、#3ミークスのゴール下をアシスト。ゴール下にカットインして#3ミークスのパスを呼び込み、レイアップを沈める。
#3ミークスを経由したテンポのよいチームオフェンスも機能。ルーズボールを奪った#4狩俣のボールを受けると、ダイブしてきた#16松井に絶妙アシスト。
その直後にも、#14金丸のパスを受けて素早くターンして#33ジェレットにパス、これを#33ジェレットがダンクでねじ込む。秋田23-39三河で試合を折り返す。

16点リードで迎えた後半も#14金丸のミドルシュートで幕を開けると、自らのシュートリバウンド、ディフェンスを巧みに外してジャンプシュートに3Pシュートと、シュートが決めるたびに会場の歓声が高まっていく。
#14金丸はこのQも3Pシュートは3本中3本、フィールド6本中4本と高確率でシュートを決め続け、17得点を量産した。

4Qに入っても、#14金丸は攻撃の手を緩めない。開始早々ドライブからフックシュートを沈めて会場をどよめかせる。#14金丸はこのQも7得点を積み上げ、3Pシュート6本を含むキャリアハイとなる42得点の大活躍。
#3ミークスは9得点12リバウンド6アシストと早くもチームにフィット。#12西川も3Pシュート3本を含む10得点4リバウンド、#33ジェレットが9得点8リバウンド3スティールで勝利に貢献した。

秋田 56–79 三河の23点差の大勝でリーグ戦の借りを返した三河は、来年1月10日からさいたまスーパーアリーナで行なわれるファイナルラウンドへの進出が決まった。

RELATED

関連ニュース