MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【ゲームレポート】10月17日(水)川崎ブレイブサンダース戦

【ゲームレポート】10月17日(水)川崎ブレイブサンダース戦

メイン

2018年10月17日(水) 川崎ブレイブサンダース VS シーホース三河
19:05~ 
@川崎市とどろきアリーナ

川崎ブレイブサンダース VS シーホース三河
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
川崎ブレイブサンダース 15 18 12 24 69
シーホース三河 13 8 28 11 60

第3節は、今季より中地区に移動した川崎ブレイブサンダースと敵地で対戦した。
前半はリードされる展開も、3Qにディフェンスからリズムを作り計28得点を挙げて逆転。初勝利を目指して最後まで戦ったが、最終Qに逆転され、5連敗を喫した。

1Q 川崎 15–13三河

拮抗したディフェンスゲーム。金丸 8得点で牽引。

スターティング5は、前節のA東京戦Game2と同じ#14金丸、#24加藤、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。
互いに守り合いの重い立ち上がりになるが、川崎に#21マクリンのインサイドアタック、#31エドワーズのアウトサイドシュートで先行されると、#32桜木を起点に#14金丸にボールを集めて8連続得点で反撃。#24加藤が体勢を崩しながらも3Pシュートを沈め、#32桜木もミドルシュートを決めて2点差まで迫る。

2Q 川崎 33–21三河 (川崎 18–8三河)

オフェンスにリズムが生まれず、二桁のビハインド。

スタートは、#4狩俣、#5バッツ、#14金丸、#24加藤、#32桜木。
川崎の激しいディフェンスの前にシュート確率が上がらず、この10分間をわずか8得点に抑えられると、ファストブレイクから川崎#0藤井、#31エドワーズ、#3林に加点され、川崎33–21三河で前半を終えた。

3Q 川崎 45–49三河 (川崎12–28三河)

12失点に封じる堅守からバランスの良い攻撃で逆転!

スタートは、#5バッツ、#14金丸、#24加藤、#32桜木、#46生原。
#24加藤、#46生原がアグレッシブなディフェンスで川崎のオフェンスを3連続で阻止して流れを引き寄せると、オフェンスでは#32桜木、#5バッツがインサイドで主導権を握り、ハーフコートバスケットから#14金丸がオープンショットを沈めて点差を詰めていく。
開始4分半に#46生原の3Pシュートで逆転すると、#24加藤がコーナーミドル、#9森川のドライブで得点を重ね、10得点の#14金丸を筆頭に6人が得点を挙げるバランスの良いオフェンスでリードを奪った。

4Q 川崎 69–60三河 (川崎 24–11三河)

金丸21得点も初勝利ならず。

スタートは、#4狩俣、#5バッツ、#9森川、#32桜木、#46生原。
#9森川、#32桜木の得点で突き放しにかかるが、強度を上げた川崎のディフェンスに対しシュートが精彩を欠き、約5分間無失点に封じられる。速い展開から川崎#0藤井の6連続得点を決められ5点のビハインドを背負ってオフィシャルタイムアウトへ。#14金丸、#33ジェレット、#46生原が3Pシュートを狙うも得点を伸ばせず、最終スコア川崎69–60三河でタイムアップ。連敗を止めることはできなかった。

試合後コメント

シーホース三河 鈴木 貴美一 ヘッドコーチ 試合後コメント



 

RELATED

関連ニュース