MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
NEWS

NEWS

HOME > ニュース > 【EARLY CUP レポートVol.1】9月8日(土)茨城ロボッツ戦

【EARLY CUP レポートVol.1】9月8日(土)茨城ロボッツ戦

メイン

2018年9月8日(土) 茨城ロボッツ VS シーホース三河 19:00~ 
@豊橋市総合体育館

茨城ロボッツ VS シーホース三河
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
茨城ロボッツ 21 15 18 10 64
シーホース三河 20 18 35 22 95

「B.LEAGUE EARLY CUP 2018 TOKAI」の準決勝が9月8日豊橋総合体育館で開催され、新生シーホース三河が今シーズン初の公式戦に臨んだ。
初戦の相手は、B2の茨城ロボッツ。前半は拮抗した展開となったが、3Qに新加入のジェレットの14得点を含む35得点を奪って突き放し、最終スコア95-64の31点差で今季初勝利を飾った。

1Q 茨城21–20三河

エース・金丸が12連続得点で牽引

注目スターティング5は、#9森川、#14金丸、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。
「今シーズン初めての公式戦ということで出だしは少し硬かった(鈴木HC)」が、エース・#14金丸が#32桜木のポストプレーから3Pシュートを沈めたのを皮切りに12連続得点で健在ぶりを見せつける。茨城に速い攻撃から#33バプティストらに決められ逆転を許すも、終了間際には新加入の#0サザランドがドライブからのレイアップで三河での初得点を決め、1点ビハインドで前半を終える。

2Q 茨城36–38三河(茨城15–18三河)

新加入・ジェレットの得点で逆転!一進一退の展開が続く

スタートは、#0サザランド、#8村上、#14金丸、#16松井、#33ジェレット。
新加入#33ジェレットの連続得点で逆転。#16松井の3Pシュートや#0サザランドのリバウンドなどでリードを保ちながらも、粘る茨城をなかなか引き離すことができない。茨城 36–38 三河で前半を折り返した。

3Q 茨城54–73三河(茨城18–35三河)

ジェレットが14得点の大爆発!

スタートは、#9森川、#14金丸、#32桜木、#33ジェレット、#46生原。
後半、三河は激しいディフェンスから速い攻撃を展開。#9森川、#46生原が積極的にペイントエリアへアタックすれば、ファストブレイクから#32桜木がダンクを叩き込み、茨城を一気に置き去りにする。
#32桜木、#0サザランド、#33ジェレットが同時にコートに立ち、今季より変更になったオンザコートルールに対応した”オンザコート3”など、様々な組み合わせを試しながらチームオフェンスで得点を量産。#12西川の3Pシュートで点差を20点に広げる。

4Q 茨城64–95三河(茨城10–22三河)

31点差の快勝で、今シーズン好スタート

スタートは、#0サザランド、#12西川、#16松井、#32桜木、#46生原。
粘り強いディフェンスで、3Qまでに20点を挙げた茨城#33バプティストをフリースローの1点のみに封じ込めると、インサイドで主導権と奪った#0サザランドが7得点、#32桜木が6得点を積み上げ、31点差で大勝した。
「まるでホームのような大青援でチームの勝利につながりました!」と#4狩俣キャプテン。
選手とファン・ブースターがともに青いエナジーを燃やし、今シーズンの好スタートを切った。