MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
HOME > ニュース > 3/12(金)天皇杯セミファイナル vs.川崎

3/12(金)天皇杯セミファイナル vs.川崎

ゲームレポート

第96回天皇杯ファイナルラウンド セミファイナルvs.川崎ブレイブサンダース戦。序盤から3Pシュート攻勢を浴びて大きくリードを奪われ、後半粘り強いディフェンスからリズムを作って巻き返したものの、追いつくことができず。67–79で敗れ、決勝進出は叶わなかった。

1Q 三河 11–22 川崎

3Pシュートを止められず、二桁ビハインドの苦しいスタート

スターティング5は、#1川村、#5コリンズワース、#14金丸、#32シェーファー、#54ガードナー。

立ち上がりに川崎#35ヒースに連続3Pシュートを浴びて、川崎を勢いづかせてしまう。

シュートタッチに苦しむ中、開始3分に#54ガードナーがポストアップでこじ開けようやく初得点。#32シェーファーが川崎#22ファジーカスをかわしてゴール下をねじ込み、#54ガードナーがパワーアタックで反撃するが、川崎#35ヒースに3本目の3Pシュートとゴール下の連続得点を許して16-6と二桁リードを奪われる。

その後もオフェンスにリズムが生まれない中、#54ガードナーの個人技や#32シェーファーのリバウンドでつなぎ、11-22のダブルスコアのビハインドで1Qを終える。

#54 ダバンテ・ガードナー

#32 シェーファーアヴィ幸樹

2Q 三河 30–45 川崎(三河 19–23 川崎)

ディフェンスから流れを変えるが川崎も譲らず、15点差で折り返し

スタートは、#3柏木、#7長野、#8高橋、#21ウィティングトン、#54ガードナー。

#54ガードナーのリバウンドで先制する。その後も#54ガードナーのポストアップを起点にオフェンスを展開するが、アウトサイドのシュートがことごとくリングに嫌われ、ディフェンスでしのぐ時間が続く。

開始4分、#54ガードナーがルーズボールを倒れ込みながらマイボールにし、それを#7長野がフローターで沈めて停滞ムードを破ると、#3柏木がスティールからのボーナススローで続き、#21ウィティングトンのアタックから#54ガードナーがリバウンドを押し込んで点差を一桁に戻す。

しかし川崎#14辻、#22ファジーカス、#35ヒースに立て続けに3Pシュートを沈められ、21-37と再び16点のビハインドを背負う。

その後は打ち合いとなり、#21ウィティングトンのドライブ、川村の3Pシュート、#14金丸のミドルシュートで11点差まで追い上げては、その度に川崎に突き放され、15点のビハインドで前半を折り返す。

#7 長野誠史

#1 川村卓也

3Q 三河 46–59 川崎(三河 16–14 川崎)

攻守ともにリズムが生まれ、反撃ムードで最終Qへ

スタートは、#1川村、#5コリンズワース、#14金丸、#32シェーファー、#54ガードナー。

開始早々、川崎#22ファジーカスの連続得点で19点差をつけられる。オフェンスにもようやく動きが出てくるが、シュートを決め切ることができず、点差を詰めることができない。

それでも粘り強いディフェンスで我慢すると、#5コリンズワースのアタックから#14金丸がミドルシュート、#32シェーファーが3Pシュートを射抜いて、徐々に流れを傾ける。さらに#5コリンズワースはハードなプレッシャーディフェンスで流れを呼び込み、#14金丸が3Pシュートを決めて13点差に追い上げる。川崎も#33長谷川の得点で引き離しにかかるが、#1川村、#14金丸のフリースローなどで応戦し、わずかに点差を縮めて最終Qへ。

#14 金丸晃輔

#5 カイル・コリンズワース

4Q 三河 67–79 川崎(三河 21–20 川崎)

何度も一桁差まで巻き返すも逆転できず、準決勝で敗退

スタートは、#5コリンズワース、#8高橋、#14金丸、#21ウィティングトン、#32シェーファー。

#14金丸、#54ガードナーにボールを集め、#54ガードナーのリバウンド、#14金丸の1on1で追走する。さらに#21ウィティングトンが3Pシュートを沈め、開始2分半に#3柏木がハードなディフェンスでボールを奪い、そこからファストブレイクに転じて55-66と10点差に迫る。

川崎#35ヒースの3Pシュートで再び突き放されるが、#54ガードナーの連続得点で9点差に。残り4分半に#8高橋のアタックから#21ウィティングトンが3Pシュートを射抜いて6点差まで詰め寄る。

川崎も崩れることなく、再び二桁ビハインドを背負うも、#8高橋のアタック、3Pシュートの連続得点で喰らいついて、残り1分に67-75と8点までに追い上げたが、逆転するには至らず。67–79で敗れて、決勝進出は果たせなかった。

#21 シェーン・ウィティングトン

#8 高橋耕陽

試合後コメント

鈴木貴美一ヘッドコーチ

鈴木貴美一ヘッドコーチ

1Qの入り方が悪かったです。#35ヒース選手に3Pも含め前半に21点、予定外に多く入れられ過ぎてしまいました。

後半、修正してディフェンスは良くなり、3Pは1本しか川崎さんにやらせてなく、2Q、3Q、4Qは流れを戻したんですが、とにかく1Q、2Qの始めまで、みんな緊張なのか動きが固く、入り方があまりにも悪かったです。

良いプレーもあって、先に進むプレーがたくさんあったのでそれは良かったです。でも、3Q、4Qの戦い方を本来40分やらなければいけない。そのこともチームで分かりました。

高橋選手が非常に良いディフェンスもしていたし、レギュラーシーズンの後半戦に向けてチームの好材料になると思います。

#1 川村卓也

#1 川村卓也

-今日の試合、お疲れさまでした。振り返ってみていかがですか。
1Q、出だしのビハインドが最後まで響いてしまったなと思ってます。そういう意味では、スタートで出させてもらっている自分としては、責任を感じています。

やはりビハインドを背負ってから、必死にやろうとするのはどのチームでもできると思うので、いかに相手よりの先にスタートダッシュを決めて、相手より先に流れを掴み取るか。それが今のチームとしては課題だと思うので、スタートで出ている自分からすると、そのスタートダッシュが最近のゲームでできていないことが悔しいですね。

-さいたまスーパーアリーナでの大舞台はいかがでしたか。
僕自身は、さいたまスーパーアリーナで試合ができていることはすごく意識していましたし、ホーム&アウェーがないゲームでしっかり勝ち切りたいなという思いを持ちながら試合に臨んだんですけど、試合トータルを振り返ると、相手の方が遂行力が上だったと思います。

この敗戦で天皇杯が終わったので、残っているレギュラーシーズン後半戦にしっかりアジャストして、Bリーグでのプレーに繋げたいと今は気持ちを切り替えています。

-若手選手たちは大きな経験を積めたと思います。
さいたまスーパーアリーナでゲームができるということは特別なことだと思いますし、若い選手たちもコートで必死にプレーしていたので、この経験を今後に生かして欲しいです。

ベテランの域に達してきて、自分がチームを引っ張る身になってきているので、そういう若い選手たちをしっかり鼓舞できるように、自分は自分の仕事をしっかりして、背中を見せていきたいです。

#8 高橋耕陽

#8 高橋耕陽

-試合を振り返ってみていかがですか。
前半、自分たちのプレーが全然できず、後半に追い上げたんですが、かなり厳しかったです。前半から集中して自分たちのプレーをしないと、このような結果になってしまうと思います。

-1Q、チームが流れを掴めない状況で途中出場、どのような心境でしたか。
流れを変えることしか考えてなかったです。このままではまずいという思いで、そこに専念していたんですけど、あまり流れを変えることができませんでした。

(ベンチでは)次出た時に流れを変えてやろうと考えていて、後半のプレータイムではそれができて、最後終わることができました。このままリーグ戦にも繋げて、チームの勝ち星を増やしていきたいです。

-緊張はなかったですか。
全然緊張はなかったです。

-シーズン終盤戦に向けての意気込みをお願いします。
負けを引きづらずに次に切り替えて、ここからチャンピオンシップに向けて、チーム一丸となって頑張っていきます。

#14 金丸晃輔

#14 金丸晃輔

-今日の試合振り返ってみてどうですか。
前半が全てです。

-今日いつもと一番大きく違った場所はどこですか。
とにかくパスが回わらなかった。ディフェンスのスイッチミスだったり、ローテーションミスだったりそういうところが目立ったかなと思います。

-原因として考えられることは。
ディフェンスでいえば単純にコミュニケーション不足です。

オフェンスについては、遊びのパスでも良いので、回すことを意識しないと、片方のサイドだけで、オフェンスをやっているような時間が多かったので、止まった状態でやると相手も守りやすい。そこから相手にリズムを与えてしまったかなと思います。

-久々の大舞台はいかがでしたか。
やっぱりでかいアリーナでやると気持ちいいですね。

-シーズン終盤に向けてコメントをお願いします。
今日ダメだったことをひとりひとり反省して、来週からまたリーグ戦が始まるので、普通に試合するのではなく、反省点を頭の中に入れて実践しないと負けが無意味になってしまうので、気持ちを切り替えてしっかりした意識を持ってやっていかなくてはいけないと思います。

シーホース三河 パートナー

シーホース三河を応援しています!

  • アイシン精機株式会社
  • アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  • アイシン高丘株式会社
  • アイシン化工株式会社
  • 株式会社アドヴィックス
  • アイシン開発株式会社
  • アイシン機工株式会社
  • アイシン辰栄株式会社
  • 豊生ブレーキ工業株式会社
  • シロキ工業株式会社
  • アイシン軽金属株式会社
  • アイシン・エィ・ダブリュ工業株式会社
  • アート金属工業株式会社
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 株式会社ATグループ
  • SCSK株式会社
  • 株式会社マイナビ
  • 株式会社東祥
  • 新三商事株式会社
  • 株式会社清水建設
  • 岡崎信用金庫
  • 東神観光バス株式会社
  • 碧南運送株式会社
  • エフティテクノ株式会社
  • 小松開発工業株式会社
  • 株式会社スポーツマネジーメント
  • 株式会社マルサン
  • 三機工業株式会社
  • 株式会社ぴあ
  • 高砂熱学工業株式会社
  • Sansan株式会社
  • 第一生命保険株式会社
  • 碧海信用金庫
  • 株式会社池田事務器
  • 株式会社アイシン・コラボ
  • 光南工業株式会社
  • 寿技研工業株式会社
  • 愛知技研株式会社
  • アイシン・インフォテックス株式会社
  • 株式会社豊田自動織機
  • 三井物産株式会社
  • 三井物産フォーサイト株式会社
  • トヨタ紡織株式会社
  • アイシン・ソフトウェア株式会社
  • 株式会社東陽
  • 株式会社ナカシマ
  • 株式会社PRIDE刈谷
  • 豊安工業株式会社
  • 伊藤忠製糖株式会社
  • 株式会社MINEZAWA
  • 三河安城クリニック
  • 三井E&Sシステム技研株式会社
  • 株式会社ジャスティス
  • AHブレーキ株式会社
  • 中尾建設工業株式会社
  • 株式会社JTBコミュニケーションデザイン
  • ギャラリエアピタ知立店専門店街
  • アサヒ飲料株式会社
  • MOVIX三好
  • 名古屋法務局
  • ブリッド株式会社
  • 東陽精機株式会社
  • 株式会社近畿日本ツーリスト中部
  • 三井住友海上火災保険株式会社
  • 株式会社杉浦製作所
  • ZARAME
  • あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
  • 株式会社三五
  • 東京海上日動火災保険株式会社
  • ユーズ株式会社(ユーズランド東浦店)
  • 株式会社セカイズ
  • 株式会社服部通商
  • 株式会社ヴィッツ
  • 有限会社まる菊工務店
  • 白月工業(株)
  • 刈谷・知立ハウジングセンター((株)ライダースパブリシティ)
  • 赤門ウイレックス株式会社
  • アルゴ株式会社
  • 株式会社黒田精機製作所
  • 日進工業株式会社
  • 丸藤精工株式会社
  • 泰東工業株式会社
  • 名興発條株式会社
  • 株式会社林スプリング製作所
  • 株式会社ヒサダ
  • 株式会社クラタ
  • 株式会社鰐部製作所
  • 加藤精工株式会社
  • エイベックス株式会社
  • 株式会社ギフ加藤製作所
  • ミズショー株式会社
  • 株式会社中部理化
  • 稲垣工業株式会社
  • 株式会社コデラダイナックス
  • 新光ゴム工業株式会社
  • 山崎工業株式会社
  • 竹田印刷株式会社
  • ほっともっと
  • グレープパークコート(ビューティフルデイ)
  • 株式会社リクルーティング・デザイン
  • 中京すぽるとケア
  • 日進精機株式会社
  • 株式会社岡崎設計
  • DM本舗(株式会社リライ郵社)
  • ユタカコピー株式会社
  • 株式会社上々
  • 株式会社まるか不動産
  • 株式会社不二ビルサービス
  • B-R サーティワン アイスクリーム株式会社
  • 市川商事株式会社
  • 鈴木鉄工株式会社
  • 株式会社浜名製作所
  • 中部産業株式会社
  • 原田工業株式会社
  • 興和精密工業株式会社
  • 株式会社イシダナゴヤ
  • 三晃株式会社
  • 株式会社山田メッキ工業所
  • Sun Plus Café
  • 株式会社ベル
  • 中国料理 北京本店
  • ラ フォンテ
  • TAKOYA まんぷく
  • CAKE SHOP GOOD
  • 株式会社ラックス
  • 名物カレーうどん専門サンビーノ
  • 株式会社クラチスタヂオ
  • 株式会社近藤電工社
  • ミラーボール(ザ・ライジング)
  • 株式会社大磯屋製麺所
  • あつたの杜 整形外科スポーツクリニック
  • 暴れん坊チキン