MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU

NEWS

HOME > ニュース > 11/30(土)天皇杯2次ラウンド vs.FE名古屋

11/30(土)天皇杯2次ラウンド vs.FE名古屋

XXXX
シーホース三河 vs. Fイーグルス名古屋
チーム 1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シーホース三河 16 25 27 23 91
Fイーグルス名古屋 29 17 13 24 83

第95回天皇杯・第86回皇后杯 全日本バスケットボール選手権大会の4回戦がウィングアリーナ刈谷で行なわれ、シーホース三河はファイティングイーグルス名古屋と対戦。一時は18点のビハインドを背負う劣勢を覆し、91–83で逆転勝利を収めた。

1Q 三河 16–29 FE名古屋

岡田9得点も、13点を追う大苦戦スタート

スターティング5は、#2岡田、#9森川、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。

序盤は点の取り合いに。#2岡田のアタック、#11熊谷の連続3Pシュートでスコアを積み上げるも、FE名古屋も#22杉本、#19ローソンの得点で渡り合う。

しかし中盤以降は、FE名古屋が#24ホーキンソンの連続得点で勢いづく一方、三河はシュートがリングに嫌われ、なかなかペースを掴むことができない。タイムアウトで改善を図るも、一度失った流れを引き戻せず。まさかの13点ビハインドで最初の10分を終えた。

XXXX

2Q 三河 41–46 FE名古屋 (三河 25–17 FE名古屋)

18点のビハインドから5点差まで追い上げる

スタートは、#1川村、#2岡田、#7長野、#22シモンズ、#54ガードナー。

新加入の#22シモンズがダンクを披露するも、FE名古屋#5山本に連続得点を許し、リードを18点に広げられてしまう。そこから#1川村、#7長野の連続3Pシュートで追走。ツーガードに変更して、足を使ったディフェンスでFE名古屋の攻撃を停滞させると、オフェンスにも徐々にリズムが生まれ始める。#1川村と#54ガードナーの2メンゲームや#0會田のファストブレイクで追い上げ、5点差に迫ってハーフタイムを迎えた。

XXXX

3Q 三河 68–59 FE名古屋 (三河 27–13 FE名古屋)

桜木11得点3アシストの活躍。FE名古屋を一気に突き放す

スタートは、#0會田、#2岡田、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。

後半もツーガードを継続。ボール運びの段階から激しくプレッシャーをかけてFE名古屋を苦しめると、#2岡田、#32桜木、#11熊谷が立て続けに得点を奪い、開始2分に47-46と逆転する。その後も#32桜木を起点にオフェンスを組み立てて、#11熊谷、#0會田の連続3Pシュートで抜け出す。さらに#11熊谷や#54ガードナーとの連携から#32桜木が得点を重ね、残り30秒には#7長野のドライブで11点のリードを奪う。

XXXX

4Q 三河 91–83 FE名古屋 (三河 23–24 FE名古屋)

5人が二桁得点。逆転勝利で5回戦へ

スタートは、#2岡田、#7長野、#11熊谷、#32桜木、#54ガードナー。

FE名古屋に3点まで詰め寄られるも、慌てることなくゲームをコントロール。#32桜木との合わせで#1川村が、#11熊谷のパスを受けた#32桜木が得点するなど多彩なチームオフェンスで再び点差を広げる。

#54ガードナーがルーズボールにダイブしてマイボールにすると、それを#1川村が沈めるなど、最後まで攻守に高い集中力を持続。ファウルゲームをしのぎ切り、最終スコア91–83で勝利し、名古屋Dとの5回戦へと駒を進めた。

XXXX