MENU

シーホース三河

SEAHORSES MIKAWA

MENU
HOME > アカデミー > シーホース三河U15
 

シーホース三河U15

シーホース三河U15

シーホース三河U15はシーホース三河バスケットボールアカデミー内に創設し、2018年4月より活動を開始しました。

シーホース三河バスケットボールアカデミーの概要・特長について

概要

  • 活動目的

    1:地元を拠点に次世代の子どもに夢を与えるプロ選手を育成2:スポーツマンシップからモラルある人間性を育てる

  • 活動内容

    1:U15選手に対するコーチングによる支援2:コーチングを通じたスポーツ教育の実践

活動拠点/練習

活動拠点 知立市福祉体育館、安城市体育館、アイシン精機体育館、刈谷市体育館、その他刈谷市近郊の体育館
頻度と練習時間 練習:週2~4回(1日:1.5時間~2時間)程度
大会:土日に開催される大会に積極的に参加
(Bリーグ主催大会に関しては、大会概要決定後検討)

選手登録

チーム シーホース三河U15は2020年度3月まで中学校バスケットボール部あるいはジュニアチームとの二重登録を可とします。
2021年度4月以降はシーホース三河U15への単一登録のみ可とします。
定員 15名程度(選手の適正から登録人数を判断します)。
登録 ・合意書の提出(本人・保護者・現チーム指導者)
・現中学校部活・ジュニアチーム所属者は、指導者の合意を得る必要があります。
(ただし2019年度に現チームに所属予定のない場合はこの限りではありません。)

費用

入会費(初回のみ) 10,000円(税込)
月謝(毎月) 15,000円(税込)
遠征費・ウェア費 実費
※一部の遠征・ウェア等についてはチームが負担します。
備考 年間30~40万円程度の費用が必要となる予定

育成・教育方針

チームが目指す方針

融合 –Chemistry-
・ハイパフォーマンスを生み出すプロ選手
・各選手の限界を超え、そのチームだけしか生み出せない融合から誰も考えつかなかった科学を生み出す

芸術 –Youthful Arts-
・仲間同士で共に支えあう選手・人間を育成
・個々ではなく、一つのクリエイティブなチームプレーからプレーを若々しい芸術の粋まで昇華させる

個の協調 –Group Harmony-
・物事の判断に責任を持てる選手・人間を育成する
・一人一人の個からハーモニーを産むプレーを目指す

シーホース三河U15では育成と教育から心身ともに充実した選手・人間を育て、社会に認められるプロ選手を輩出します。

  • 育成
    【育成方針概要】
  ・地元を中心に次世代の子どもに夢を与えるプロ選手を育成
  ・15名以下の少人数選抜体制でのチームトレーニング
  ・U15からU18、トップチームへ繋がるコーチングの実施
  ・プロコーチが育成を担当
  • 教育
    【教育方針概要】
  ・物事の判断に責任を持てる自立した選手・人間を育成する
  ・何事にも努力することを怠らない精神を養成する
  ・選手同士の交流からコミュニケーション能力を育てる
  ・バスケットを愛し、クラブを愛する人材を育成
  ・生涯にわたってバスケットボール界に寄与する人材育成

コーチ紹介

伊良部勝志(いらぶ かつし)

生年月日 1991/7/24
出身校 沖縄県立小禄高等学校→近畿大学
出身地 沖縄県
経歴

2018.4~ シーホース三河U15コーチ就任。
2014~2017 アースフレンズ東京Z
2017 HOS実業団バスケットボールクラブ

メッセージ

この度、シーホース三河U15のコーチに就任いたしました伊良部勝志です。
6歳からバスケットボールを始めプロバスケットプレーヤーとして活動する中で、素晴らしい指導者の方々からの教えがありプレーを続けることができました。
その中から私はバスケットボールを通じて多くのことを学んできました。U15のメンバーたちにも、私が持っている力・経験のすべてを使い、バスケットボールを通して多くのことを伝えていきたいと考えています。
現在、プレーする側から導く側になり、改めて指導していく子どもたちの人生の一端を担う責任を強く感じています。
常に学びの姿勢を持ち続け、U15育成理念のもと次のカテゴリーへと繋げていけるように尽力する決意です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

伊良部コーチからの動画メッセージ

スケジュール

お問い合わせ

シーホース三河株式会社 バスケットボールアカデミ− 担当者まで
Email academy@go-seahorses.co.jp
(営業時間9:00~17:00 月~金曜日 ※長期連休を除く)